RED DEVIL PARTY No.1 「DEVILS ALL IN ONE」

reddevil

 

MonkeyFlip Rosso Anniversary

「 RED DEVIL PARTY 」

 

 

10月は現店舗の「MonkeyFlipRosso」の

旧店舗である「Super MonkeyFlip」からの周年月になります。

 

 

MonkeyFlipRossoとして生まれ変わった今でも

10月は周年月として毎年様々な周年企画を展開している記念月となります。

 

 

2014年10月の周年企画は

「RED DEVIL PARTY 」と題して

Rossoのイメージカラーである”赤”をキーワードに

悪魔も目が覚めるような周年企画をご用意しました。

 

 

詳細は順次アップしていきますので

どうぞご期待下さい!

 

-------------------------------------------

RED DEVILS PARTY No.1 「DEVILS ALL IN ONE」

-------------------------------------------

 

reddevil.ai.3

 

【DEVILS ALL IN ONE】

オリジナルモデル&セレクトフレーム

オールインワンプライス!

 

 

悪魔も目が覚める衝撃企画!

MonkeyFlipオリジナルモデルの中からスタッフが10モデルを厳選し、

赤字覚悟でどんな度数でもレンズ代金0円のオールインワンプライスの10,000円(+tax)で販売します。

 

 

また、Rossoがセレクトした人気フレームも5,000円(+tax)で販売。

 

 

正直”赤”字ですが周年月にしか販売しないこの機会をお見逃しなく!

 

 

-------------------------------------------

【対象オリジナルモデル】

 

●詠唱

eisyo.c1.1

 

“last piece”をコンセプトに掲げ、

日常のライフスタイルに溶け込む普遍的なモデルをベースに、

着用者のキャラクターを形成する最後の仕上げの1ピースであることを

目的としたコレクション「ENGINE by MonkeyFlip」。

 

「詠唱」は80年代にあったセルフレームブームの頃のサングラスフレームを再現したモデル。

 

当時は専門店でセルフレームを見かけることが少なく

ブティックや雑貨屋にて購入されることが多かった為、

奇抜でファッション性が高いものが主流でした。

 

個性はメガネで造られることをあらためて認識できるビッグフレーム。

 

-------------------------------------------

 

●論理

ronri.c1.1

 

“last piece”をコンセプトに掲げ、

日常のライフスタイルに溶け込む普遍的なモデルをベースに、

着用者のキャラクターを形成する最後の仕上げの1ピースであることを

目的としたコレクション「ENGINE by MonkeyFlip」。

 

「論理」は40年代にUSSという米軍公認の製造会社が生産し支給していた

兵士や職員用のメガネをデザインコンセプトに作られたモデル。

 

そのモデルは当時のトレンドデザインからかけ離れたデザインにより

「Birth Control Glasses(避妊メガネ)」と称されてしまっています。

 

このモデルはその避妊メガネをモディファイし、

タウンユース(避妊できないよう)に昇華させたモデルです。

 

-------------------------------------------

 

●陰謀

inbo.c1.1

 

“last piece”をコンセプトに掲げ、

日常のライフスタイルに溶け込む普遍的なモデルをベースに、

着用者のキャラクターを形成する最後の仕上げの1ピースであることを

目的としたコレクション「ENGINE by MonkeyFlip」。

 

この「陰謀」は世界で最も売れているサングラスといわれる

某メーカーのシェイプを参考に、

レンズサイズ、テンプル、ブリッジの位置などを再構築し、

クラシックなテイストの中に潜む土臭さを感じられるモデルです。

 

-------------------------------------------

●六角

rokkaku.c1.1

 

“last piece”をコンセプトに掲げ、

日常のライフスタイルに溶け込む普遍的なモデルをベースに、

着用者のキャラクターを形成する最後の仕上げの1ピースであることを

目的としたコレクション「ENGINE by MonkeyFlip」。

 

この「六角」はシリーズのフラッグシップモデル。

 

50年代~60年代のアメリカにおいて

バイカーの間で最も人気のあった日本製フレームをベースに

独自のエッセンスを加え、武骨で男らしいモデルに仕上げました。

 

-------------------------------------------

●SASUKE

sasuke.c1.1

 

ソリッドでエッジの効いたスクエアシェイプが特徴のモデルで、

天地の幅が狭いので老若男女問わず使う事が出来るのが魅力です。

 

フロントエンドにカッティングを入れていたり、流線形のテンプルにエッジを入れたりと

今のオリジナルモデルに見られるギミックのスタンダードデザインになっているのもポイントです。

 

-------------------------------------------

●HANUMAN

hanuman.c1.1

MonkeyFlipが得意とする横長フォルムのフロントシェイプに、

デフォルメされたスカルがくり抜かれたデザインが斬新なテンプルデザイン。

 

フロントエンドには「愛と憎しみ=切っても切れない」

という意味を込めた「LOVE&HATE」、ブリッジに部分に「逆十字」がレーザーで刻まれています。

 

このレーザーが刻まれたバージョンと、フラットなバージョンの2タイプあります。

 

-------------------------------------------

 

●AMEDIO

 

スタンダードなサイズ感のウェリントンシェイプでありながらも、

思わず目を惹き、そして印象に残るフロントエンドのカッティングが特徴のモデル。

 

このカッティングデザインは、シンプルになりがちなフォルムに遊び心を取り入れています。

 

抜群のフォルムは老若男女問わず掛ける事が出来るのが最大の魅力です。

-------------------------------------------

●威風

威風

 

極限までストリートに落とし込んだハードコアウェリントンタイプ。

 

天地を浅めに取って日本人の顔に合ったレンズラインにし、

カシメ部分には3つの星をON。

 

ヨロイ部分はここのところのBlackRebelの象徴である

ウロコモチーフを生地のラミネーションによって3D再現した。

 

さらには裏生地にまでウロコ柄を採用し、

トドメは1ミリプレスで浮き彫りにしてその上から

レーザーで彫ったヘビのイラストを余す事なくテンプルへ施す

という手の込んだ作りになっている。

 

-------------------------------------------

●威風-RE13ORN-

ifu.c10.1

 

定番デザインとして愛される続ける形「ウェリントン」をMonkeyFlipのフィルターに通したモデル。

 

極太テンプルにメキシカンスカル×ペイズリーがデザインされており、

1mmプレスと呼ばれる立体感を出す技法を駆使して加工されているので、

横顔にも立体感を与え表情に変化を付けてくれます。

 

丸みを帯びたフロントデザインは掛ける人を選ばず、男性でも女性でも合わせやすいので、

眼鏡初心者から上級者まで幅広く愛されるデザインです。

 

-------------------------------------------

 

●朱雀

 

ニュースタンダードのサーモントをMonkeyFlipのテイストで味付けをしたモデル。

 

かけやすい大きさのフロントデザインとは対照的に、

クセのあるテンプルデザインが特徴で、シンプルの中に”らしさ”を加えたモデル。

 

-------------------------------------------

 

【販売店舗】

MonkeyFlip Rosso

 

【販売期間】

10月1日(水)~10月31日(金)

 

【プライス】

オリジナルモデル / 10,000円+tax (オールインワンプライス)

セレクトフレーム / 5,000円+tax (オールインワンプライス)

*どんな度数でもレンズ代金0円です。度数が強い方は薄型レンズになります。

*カラー加工、PC加工などオプション加工は別途かかります

 

 

-------------------------------------------

Attention

-------------------------------------------

*MonkeyFlipRossoのみでの企画になります

*本数限定につき通販は対応しておりません。ご了承くださいませ。