【Rosso Hot News】丸めがねとボストンめがね入荷だがね。

【今日のナビゲーター:Rosso / 志猿】

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

DSC_0810

名古屋、大須の万松寺通りからこんにちは!

 

 

志猿です。

 

 

 

巷ではクラシックな眼鏡が流行っています。

 

 

 

 

ウェリントンタイプやおじさん眼鏡みたいなのですね。

 

DSC_0806

当店でも取り扱っているSHURONなんかがそうですね。

 

 

 

 

 

 

しかし、東京では

徐々にボストンタイプといわれる逆おにぎり型のメガネやいわゆる丸眼鏡を求める声が出てきているのです。

 

 

 

 

こんな感じですね。

DSC02332

 

しかし

 

 

 

まだまだここ東海地方で掛けている人はごく少人数なので、

いま掛けている人はお洒落な人だな~だと思います。

 

 

 

 

そんなわけで、

ちょっと入荷しました。

なぜちょっとかというと、まだまだそんなに売れないからです!

 

キッパリ言いました!

 

 

 

 

 

でも逆に今だからこそ!

 

今だからこそ

このホームページをみているあなたに

 

先駆者になって頂きたい!

 

のです。

 

 

 

 

DSC02330

MARIUS CLASSIC 12,000yen+tax 標準レンズSET

 

いくつかシルバーやガンメタなどなどの種類がありますが、

その中でも断然オススメがこのカラー。

 

 

DSC02342

フェイクベッコウ

先セル以外のベッコウは全てメタルパーツに転写塗装していて、

まるで極細のベッコウ巻きメガネのような雰囲気が出ています。

 

これはかなり繊細な作りで、尚且つ高級感があります。

 

 

 

 

 

 

DSC02340DSC02338

MARIUS CLASSIC 12,000yen+tax 標準レンズSET

こちらはボストンタイプ。サイズ感選びは難しいですが、上手くハマれば

知的な印象とシャレオツな印象を与えるという二度オイシイめがねだと思います。

 

 

DSC02341DSC02339

MARIUS CLASSIC 12,000yen+tax 標準レンズSET

こちらはラウンドタイプ。

数年前は全く売れませんでした。むしろ笑われてさえいましたが、

最近は評価も鰻登り、クラシックメガネの次世代エースです。

但しこちらもサイズ感が難しいかもしれません。

色々掛けてみるの有りですね。

 

 

 

そんなわけで、次世代クラシックメガネの新入荷フレーム紹介でした!

 

最後にちょっとクラシックな言葉で終わりたいと思います。

 

 

 

 

 

「いつかうの?」

 

 

 

「今でしょ!!!」

 

 

 

 

ありがとう御座いました。

 

 

それでは…また。